FXブロードネットはチャートが見やすく使いやすい

取引していた通貨ペアはドル円のときと、ユーロ円のときが多かったです。まだ始めたばかりということもあり、あまり値動きの激しくない上記のペアを選び取引していました。

 

トレード方法はスキャルピングで、一番勝ったときで3000円のプラス、一番負けたのはマイナス1500円ほどでした。

 

チャートを見て、トレンドラインなどを引きながら取引をしていましたが、予想に反して逆行してしまったときはポジションを保持したまま値が回復するまで待っていたのであまり大きなマイナスにはなりませんでした。指標などを確認して欲張らず冷静に取引をしていればもう少し利益を出せたかもしれませんが、どちらにせよとても良い社会勉強になりました。

 

FXを始めた理由は会社の上司にやってみないかと薦められたことがキッカケでした。

 

証券会社や口座などその上司が用立ててくれたのですぐに始めることが出来ました。

 

私が取引に利用していたFXブロードネットはチャートも見やすかったですし、RSIやトレンドラインなどの自由度もよく、特に不自由に感じるような場面はありませんでした。
これからFXを始めようと思っている人には少なくともローソク足のチャートの見方、ラインの引き方、RSIの見方、指標の確認の大切さを勉強してから取引をしてほしいと思っています。

 

そして、取引を開始したときに自分の思った方に値が動き始めたときにいったん冷静になり、この値動きがいつまでも続くものではないことを再確認した上で、どの辺りで妥協するかを考える撤退の勇気を身につけていただきたいと思います。