両建ってどういう事?

FXの取引をする時のテクニックとして、両建てが利用されることがあります。
簡単に説明すると、買いと売りの両方のポジションを所有することを言います。
これだけ聞くと、利益にも損失にもならないため、どうして両建てをするのかよくわかりにくいかもしれません。
そこで、両建てをする理由を説明していきたいと思います。

 

両建てをする理由

 

両建てをすると、大きな損失を出しにくくなるというメリットがあります。
また、場合によっては利益に変えられることもありますので、うまくいけば利益を伸ばせるようになる可能性も秘めているのです。
両建ては、売りと買いを同時に行うという訳ではなく、一度買いのポジションを保有した後、思うようにレートが動かなくて、このまま決済すると損失が出てしまうという時に、売りのポジションを保有します。
そして、その後にレートが本来予想していた通りに戻った時に買い戻せば、それが利益になるということです。
このテクニックは、ある程度熟練していないと、タイミングを間違えてしまって、それほど損失を抑えられなくなるケースもあります。
初心者の内からいきなり両建てに挑戦してしまうと、余計なリスクを抱えてしまうこともありますので、まずは取引を経験し続けて、勉強することが重要になります。

 

ちなみに、FX会社によっては両建てが禁止されている場合があります。
もし、両建てに挑戦してみたいというのでしたら、実際に口座開設をする前に両建てができるかどうかを確認しておく必要があります。

 

両建て禁止の会社でも両建てができる方法

 

両建て禁止の会社でも、ある方法を使えば両建てができます。
それは、違う会社を使って2つの口座を作ることです。
1つの口座で買いのポジションを保有しておいて、もう1つの口座で売りのポジションを保有すれば、両建てができるようになります。
開設できる口座は、他の会社を利用すれば2つ以上にすることもできますので、比較的簡単に両建てができるでしょう。
但し、この方法はあまりお勧めできません。
それは、資金を2つの口座に分散しなければならなくなるからです。
もし、資金が10万円だったとしたら、1つの口座に全て入金できず、割合を考えて入金しなければならなくなります。
そうすると、思い切った取引もできなくなります。
また、2つの口座を管理しなければなりませんので、1つの口座を管理するよりも余計に手間がかかってしまうなどのデメリットもあります。
本当にそこまでして両建てをする価値があるのか、それをよく考えてから2つの口座を開設しましょう。