レバレッジって何?

FXの勉強をしていると、必ず目にするのがレバレッジです。
これは、FX取引をするうえで知っておかなければならない基本的なことなので、必ず勉強しておきましょう。
とはいえ、そんなに難しいことでもありませんので、これから投資を始めるという初心者でも、簡単に理解できるようになると思います。

 

レバレッジとは

 

レバレッジというのは、証拠金を数倍〜数十倍にして取引をすることを言います。
個人がレバレッジを利用する場合は、1倍〜25倍、法人だと1倍〜400倍となっています。
これは、証券会社によっても若干異なりますが、法律によって最大倍率が決まっています。
レバレッジを利用して、証拠金を倍にすることによって、利益を出した時も倍率に比例して利益を大きくすることができます。
また、資金をあまり用意できなかった場合や、少ない資金で始めてみたいという人なども、レバレッジを利用すれば、すぐにでもFXの取引ができます。
ただ、注意しなければならないのが、レバレッジで倍率を大きくした分出る損失も大きくなってしまうということです。
例えば、本来1万円の損失だったとしても、レバレッジを25倍にしていれば25万円の損失になりますので、レバレッジを利用して投資をする時は十分に注意しなければなりません。

 

そのため、FXの初心者であればレバレッジを利用するのを控えたほうが良いと言われています。
利益を継続的に出しにくいとされる初心者が、高いレバレッジで取引をすると、大きな損失に繋がってしまうからです。
物足りないと思うかもしれませんが、もしレバレッジを利用するとしても2倍〜3倍程度から始めてみることをお勧めします。

 

レバレッジで負債を抱えることがある?

 

上記でも触れましたが、レバレッジで数十倍〜数百倍にして取引をするとなると、その倍数に応じて大きな額の損失に繋がることもあります。
そうなると、大きな負債を抱えてしまうのか心配になる人もいますが、その心配はありません。
証拠金がある程度低くなってしまうと、ロスカットにより強制的に決済されますので、基本的に証拠金を超えるマイナスが出ないように調整されています。
とはいえ、やはりロスカットされるということは、その時点で損失が出ていることになりますので、あまりよいことではありません。
どれくらいのレバレッジで取引をするのか、やはり自分自身の証拠金の額や資金に合わせた倍率で取引をすることをお勧めします。