FXで勝つためのコツは?

ある程度FXの取引に慣れてきたら、次に思うことはどうすれば利益を出し続けることができるのか、ということです。

 

特に、初心者の内は慣れていないということやレートの動きを読みにくいということもあり、安定して利益を出し続けられるようになるまでには、経験が必要になります。

 

とはいえ、利益を出すためのコツを知っているのといないのとでは、大きな差が開いてしまうのも事実。
では、どうすれば安定した利益を得られるのでしょうか。

 

FXで利益を出すためのコツ

 

@証拠金にお金を入れて投資を減らす
FXでは、初めに証拠金として口座に入金しなければなりません。
この時、証拠金が少なければレバレッジを高くして取引をした時に、ロスカットリスクが高くなります。
ですが、証拠金を増やして、運用する金額を少なくすればロスカットされるリスクを格段に軽減できるのです。
例えば、100万円口座に入れていたとして、運用するのはその10分の1である10万円以下に抑えておくと、もし大幅にレートが下がったとしてもロスカットされる心配がほとんどなくなります。
すると、再度レートが元に戻るまでじっくり待てますし、その間に受け取れる金利も増えますので、売買では損失がなかったとしても、金利で利益を出せる可能性も高くなるのです。

 

Aレートが下がったら細かく買い足す
リスクを抑える投資方法として、レートが下がった時に買い足すという方法があります。
下がった時に買い足していると、またレートが上がった時に売ると損失を抑えられるどころか、場合によっては利益になることもあるからです。
例えば、1ドル100円の時に1ドルだけ買っておき、80ドルに下がった時に1ドル買い足すと、1ドル当たりの単価が90ドルになります。
つまり、レートが90ドルになった時点でプラスマイナスゼロの状態になるのです。
もちろん、それ以上上がればその分利益になるのです。
但し、下がったらすぐに買うのではなく、しっかり情報を集めて、今後上がる見込みがある時に買い足すようにしてください。
適当に買い足していると、余計に損失を大きくしてしまう場合があります。

 

B失敗したら全て決済する方法もある
どんどん損失が膨らんでしまうようであれば、保有しているポジションを全て決済するというのも一つの手段です。
一時的な目線で見てみると、今のレートはこれから改善していく可能性があるかもしれません。
ですが、長い目で見てみると、それはもっと下がってしまうリスクを秘めていることもあるということです。
そんな場合は、全て決済してゼロからスタートすることも考えてみてください。

 

上記のように、FXはただ売買をするのではなく、様々なテクニックがあるということを理解しておきましょう。
それだけでも取引のやり方に幅が出てきますし、うまく使い分けるとそれを利益に繋げることもできます。
まずは、これらのテクニックを勉強して、使い分けられるように知識を付けましょう。